宇都宮にも多く存在する弁護士事務所!交通事故の際には慰謝料アップも期待できる

弁護士18

車社会の日本では、交通事故が起こることも日常茶飯事です。交通事故に遭遇した時には、被害の大小にかかわることなく、警察や保険会社などに連絡することが必要ですが、弁護士にも相談することも忘れてはいけません。

事故の内容次第では、被害者が全ての対応に追われることもあり、大きなストレスに見舞われることも。弁護士を依頼することのメリットを見てみましょう。

強い味方になってくれる弁護士

交通事故などに遭遇した場合には、自らの判断のみで動いてしまうことは避け、法律の専門家である弁護士に依頼した方が良いことはいうまでもありません。私自身も、自らの体験を通してそのことは明確にいうことができます。

「なぜ弁護士に依頼した方が良いの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、やはりさまざま法律に精通している弁護士の存在感の大きさに勝るものはないといえるからです。あれこれと考える時間があるのであれば、真っ先に弁護士事務所に連絡をして指示を仰ぐことをした方が良いといえるのではないでしょうか。

とにかく、素人レベルの知識や教養しか持ち合わせていない人が、交通事故などの後処理をすることは極めて難しいと言わざるを得ません。相手方に法律に明るい人がいる場合には、完全に主導権を握られてしまうことになってしまいます。

仮に交通事故の被害者になってしまった場合には、保険金や示談金、慰謝料などの正当に主張できるお金ももらえなくなってしまう事態もあります。とりわけ、相手方の保険会社との交渉は困難を極めることに。保険会社の担当者はできる限り保険金の支払い額を抑制したいとして、あれこれと痛いところを探して主張してくるものです。

素人レベルの知識や判断力では太刀打ちすることが困難。そんな時に頼りになるのが信頼性の高い弁護士です。

突き付けられた現実!限界がある素人レベルの交渉力

弁護士33

私の愛車が交通事故に巻き込まれてしまった時の話ですが、その時にはその事故の状況からして相手方に100パーセントの過失があると思い込んでいました。

そのため、自らの方では弁護士に依頼することはなく、自分一人で解決することにしました。しかしながら、そのような甘い判断が想定外の結果を招くことになってしまったのです。

相手方の保険会社から提示された損害賠償額の低さに驚きました。どう考えても足りない金額に愕然とした経験を今でも鮮明に覚えています。おまけに後からむち打ちの症状でも出てくるなど、まさに泣きっ面にハチの状態に。

私は、この時の経験を通して、何かあった時には弁護士に依頼することの大切さを学ぶことになりました。保険会社の担当者も決して悪い人ではないとは思いますが、やはり、プロフェッショナルとしての仕事ですから、いかにして自社に有利に話を進めていくことができるかを考えることになるでしょう。

担当者ともやり取りをしましたが、難しい用語などが多く、理解すること自体が難しいという印象を受けました。やはり、保険金の支払いというお金が絡む問題では、専門用語などが多く使われることになるため、法律に強い専門家の力が必要なことはいうまでもありません。

仕事に専念できる環境が大事

弁護士28

交通事故の後処理を体験してみてわかったことは、とにかくサラリーマンや主婦など平日の昼間も忙しい人にとって極めて対応することが難しいことです。これは、想像以上に大変であり、私自身も大きなストレスを感じることになってしまいました。

交通事故で加害者側に100パーセントの過失がある場合、原則として相手方の保険会社との交渉は全て当事者が行うことになります。私の交通事故の場合も、それに当たるため私自身が全ての交渉の窓口になってしまったのです。

仕事中にもかかわらず、保険会社からは連絡が容赦なく入ってきます。しかも、一人の担当者だけでなく、複数名から連絡がくるため本当に忙しい事態に陥りました。こんなことも、しっかりとした弁護士に依頼しておけば、弁護士がしてくれます。

自らは仕事に集中して臨むことが叶うのです。

保険会社の対応にも変化が

自らが加入している保険会社が必ずしも、自分の味方になってくれるわけではありません。保険金の請求に安易に応じてくれるわけではないということも念頭に置く必要があります。私自身も当然ながら、自らに好意的な対応をしてくれるものと思い、保険会社に連絡を取ってみたところ、期待外れに終わってしまったのです。

結局のところは、自社にメリットがないケースでは本腰を入れて動いてくれません。その点、弁護士は親身になって何事にも相談に乗ってくれるから助かります。専門用語であっても、素人にもわかるように嚙み砕いて話してくれるから大助かり。

弁護士を味方につけることで何よりも大きいのが、損害賠償額や慰謝料が大幅にアップすることが期待できる点です。

正直なところ、保険会社も相手方の足元をみて交渉してくるという事実は否めません。相手方が弱いと思えば、それなりの対応しかしてくれないというのが現実といえるでしょう。そんな中、相手方に強力な弁護士がいることで、損害賠償額や慰謝料が一気に跳ね上がるという事態が生じるのです。

弁護士が入るだけで、裁判所の基準なみの金額をもらうことも少なくありません。「こんなに違うの」というほどの違いがありますので、やはり、弁護士に依頼した方が良いのは間違いないといえるでしょう。

関連:慰謝料の相談なら大阪梅田の弁護士

弁護士相談も忘れずに

事故の被害の大きさを問うことなく、交通事故は頻繫に起こっています。私が住む宇都宮市内でも年間にかなりの交通事故が起こり、犠牲者やけが人の数も相当数にのぼります。交通事故に遭遇しないことが何よりも良いことですが、万一、起こしてしまった場合には、速やかに対処することが重要なことはいうまでもありません。

警察や保険会社はもとより、弁護士にも相談することが得策といえるのではないでしょうか。交通事故に遭って直ぐといえば、何かと慌ただしいことが予想されますので、日ごろから信頼できる弁護士をピックアップしておくことが良いかもしれません。

欲を言えば交通事故に強い弁護士に依頼することができれば、その後も安心といえるでしょう。弁護士に依頼することになれば、確かにそれなりの費用が生じることは間違いありませんが、それを考慮しても不可欠な存在といえます。

損害賠償額や慰謝料、見舞金などの諸々の金額が跳ね上がることもさることながら、さまざまなストレスが軽減されます。

関連:慰謝料対策で頼りになる茨城の弁護士